ひじの黒ずみの原因や対策について

ひじの黒ずみ?これは他人に言われないと分かりません。
姿鏡でひじを見ることは出来ません。他人に注意されて、初めて意識して「ひじの黒ずみ」を見るからです。

 

黒ずみが出来てしまう原因
「机に肘をひじを付いてしまう」事が原因です。仕事中や家でテレビを見ている時に机にほおずえを付いてしまうからです。
ひじを動かさないと思っていても何気なく前後左右に動かしています。この摩擦がひじの黒ずみの原因になるのです。
冬は問題ありません。長袖シャツなどを着ているのでひじに摩擦影響がない(少ない)のでしょう。
しかし、夏の半そで時は顕著に表れます。しかも事務所の冷房で夏の乾燥が事象を押すのです。

 

黒ずみが出来てしまうとこんな残念なことが・・
ある日、職場の女の子に「ひじが汚れていますよ」と言われました。彼女は何か埃をかぶったもので作業したからと思ったのでしょう。
私は当時、事務仕事+荷物管理業をしていたからです。
その時は、気にしなかったのですが、家に帰ってその事を思い出し、ひじを見てみると、確かにちょっと汚れた感じです。
ウェットティシューで拭いても汚れが取れない。インク系か?風呂で丁寧に洗いましたが汚れ(黒ずみ)は取れません。
どうすれば良いのか?見れば見るほど気になります。
そんな時にトドメの一言が義母から。「ひじに海苔が付いてるよ」海苔が両方のひじに付く訳がありません。
それだけ汚れて(黒く)見えたのでしょう。
身内や同僚に言ってもらったからよかったのですが、通勤時に他人や同じビルで働いて良く見かける人に
「あいつのひじは汚い」と思われていると思うと非常に残念な気持ちになります。

 

黒ずみを予防するには
黒ずみは皮膚が摩擦により劣化したもので、保湿クリームや薬では治らない事が分かりました。
冬は長袖なので良いとして(本当はそうではありませんが)
ひじを机に付かない事を徹底的にしました。ほおずえも禁止です。
気が付くと守られていないのでノートパソコンにポストイットに「ひじが汚い」「ほおずえ禁止」と書いて貼っておきました。
これは結構効果的ですよ。
汚いひじはしばらくすると新しい皮に変わります。ここでオロナイン軟膏を塗ったり、薄くワセリンを塗って予防しています。